基礎知識

カードローンの審査に落ちないために知っておきたいポイント

カードローンの審査に落ちないために知っておきたいポイント
カードローンに申込みたいけれど、審査に通るかどうかが不安で申込めずにいる方は意外と多いのでは?

そんな方は大抵、身に覚えがある不安材料を抱えていることが多いのですが、それが必ずしもマイナス要素となるわけではありません。

とり越し苦労だったということも少なくないのです。

そこで今回は自信をもって申込してもらえるように、カードローンの審査に落ちないために知っておいてもらいたいポイントを紹介していきましょう。


徹底比較!審査に通りやすいカードローンはこれ!

カードローンの審査に落ちないため、まず最初に取るべき最善策は審査に通りやすいカードローンを選ぶことです。

各カードローン会社は独自の審査基準をもっているので、審査通過率は各社で大きく違ってきます。

そこで今回は審査通過率が高い3社を紹介します。

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの傘下で、カードローン会社の中でも老舗中の老舗と言われています。

よって、審査も厳しいイメージがあるのですが、実はアコムの審査通過率は45~49%とカードローンの中でも高い数字となっており、実質、約半数の方が審査通過しています。

審査通過率が高いのは借入上限額を低く設定することで対応しているからで、他社審査を落ちた方でも借入額は満足できない形になるでしょうが、審査通過が可能というケースも多いようです。

アイフル

かつて大手消費者金融と呼ばれた会社に大手銀行の資本が投入されている中、どこの資本投入も受けず独立を守り通しているのがアイフルです。

よって、資本投入先の意向を気にすることなく、独自で自由な審査基準を設けていることも影響しているのか、審査通過率はアコムとほぼ同じ44~49%という高い数字になっています。

プロミス

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下で、アコム、アイフルと共に大手消費者金融の1つに数えられています。

バックに銀行が控えていることから審査が厳しいイメージもあるのですが、実際の審査通過率は42~45%と高いのが実情です。

今回紹介した中では一番低い審査通過率ですが、申込んだ方のほぼ半数が審査通過できていることになるので、先の2社と比べても遜色はないでしょう。


申込みから契約までの流れ

申込から契約までの流れで一番重要なのが審査。

しかし、一口に審査と言っても審査は仮審査と本審査の2つに分かれており、それぞれ審査方法と目的が違ってきます。

仮審査

仮審査では申込時に記入した情報をもとに、コンピュータによって融資可能かどうかの判断が下されます。

申込者が申告した各基本情報は属性と呼ばれ、その属性に下記のような点数を付けるスコアリングが行われます。

(属性が職業の場合)
公務員5点
大企業4点
中小企業3点
個人事業主2点
パート、アルバイト1点
※点数はあくまでも仮です

各属性のスコアリングの点数を合計が、各カードローン会社の仮審査の基準値をクリアしているかどうかで合否決定が下されます。

近年消費者金融の審査が30分と短くなったのも、このコンピュータによるスピーディーな仮審査の方法が導入されたからです。


本審査

本審査は仮審査に通過した申込者を対象に行われます。

仮審査と違い、信用情報機関から取り寄せた個人情報をもとに、人間の手で下記のような細かい確認が行われます。

・他社借入額はいくらか ・返済状況に問題はないか ・金融事故を起こしていないか 信用情報には過去から現在までのローンや借り入れなどの信用取引情報がすべて記載されており、申込者の申告との整合性がシッカリと確認されるのです。

ここで問題なしとなれば融資が決定され、審査結果に基づいた限度額が設定されます。


どのくらいの時間がかかるのか?

審査時間については申込み先によって異なってきます。

これは各社で審査基準が違うため、確認することが多く審査に時間がかかるところもあれば、逆に短時間で済むところもあるからです。

カードローンを扱っているのは大きく分ければ消費者金融と銀行になりますが、即日融資が可能なスピーディー審査に対応しているのは、下記のように消費者金融になってくるでしょう。

・消費者金融の審査時間 30分
・銀行の審査時間    30分~1週間

消費者金融ならば、よほど問題にない限り最短で30分、通常で2~3時間程度で審査結果が出ます。

しかし、銀行の場合は消費者金融のようなスピード審査は望めないと考えておいた方が良いでしょう。

中には消費者金融と変わらない30分審査に対応している三菱東京UFJ銀行もありますが、即日融資を謳っているところは数行しかなく、早いところで2~3日、通常ならば1週間といったところが一般的な時間です。


審査基準と内容

それでは審査時にはどのような点を重要視しているのかを見ていきましょう。

信用情報

カードローンの審査時には必ず信用情報機関から申込者の信用情報が取り寄せられます。

信用情報は先にも言いましたが、個人の過去から現在までの信用取引にかかわる情報が記載されています。

ここでポイントとなってくるのか下記の点です。

・借入総額
・借入件数
・返済状況
・金融事故の有無


1.借入総額

借入総額は個人に3分の1以上の貸付を禁じた総量規制に縛られる消費者金融では重要視されるポイントです。

借入総額が総量規制を超えている場合や、それに近い場合、消費者金融の審査はまず通りません。

総量規制に縛られない銀行の場合も年収に不似合いな借入の場合は問題視されます。

審査に影響がないと言われる50万円未満の借入に留めておくことをおススメします。

2.借入件数

借入件数は借入総額よりも重要視するところが多いようです。

借入件数が多いと、信用度が低いため限度額が低く設定されているため、多くのところから借入しなければならないのだと判断されます。

申込時には借入件数は少ないほど有利です。

借入がある場合でも、1~2社が好ましく、3社以上となれば厳しいと考えておきましょう。


3.返済状況

「この人にお金を貸しても大丈夫」そう判断させることが審査パスには必須の条件となります。

よって、過去の返済状況で遅延や延滞が幾度もある状況だと、信用度は著しく低下します。

そうならないためにも、返済日にシッカリと返済することを心掛けましょう。

4.金融事故の有無

金融事故とは返済が行われなかったり、大幅に遅延したことを指します。

金融事故と判断されるような過去がある場合は、まず審査通過はありえません。

特に自己破産や債務整理をしたことがある方は絶対にNGです。

年収

返済能力を計る上でも年収は一つの判断基準となってきます。

最近はパートやアルバイトでも決まった収入があれば審査通過はできますが、一般的に年収の審査基準とされている額が200万円です。

これは普通に働いていれば年収が200万円を切ることはないだろうという判断基準からきています。

年収に関しては自己申告となるケースが多いので、信ぴょう性の高さは定かではありませんが、審査通過の目安としては年収200万円と考えておきましょう。

勤務形態

勤務形態はやはりパートやアルバイト、契約社員などの非正規雇用よりも、正規に雇用された正社員が最も評価は高くなります。

よって正社員であることに越したことはありませんが、非正規雇用が原因となって審査通過ができないということはありません。

勤続年数

勤続年数は返済能力を計る上で重要なウェートを占めます。

正社員と言えども入社して直ぐならば、この先、ずっとその会社に勤め続ける保証は何もありません。

大企業に入社したとしても、止めてしまえば返済の糧となる収入はなくなってしまうのです。

勤務年数は長ければ長いほど信用度があがり、評価は高くなります。

よって、まず入社1年未満だと審査に通ることはないでしょう。

最低でも1年以上の勤続年数は必要となってきます。

家族構成

一見、審査には何の関係もなさそうに見える家族構成ですが、実はこの家族構成は審査時には大きな影響を及ぼします。

独身と既婚者では自分が自由にできるお金は大きく違ってきます。

既婚者の場合、家庭で様々な出費が発生するため、個人が使えるお金は限定されてしまからです。

カードローンの返済はもちろん個人のお金で行うことになるため、既婚者よりも自由にできるお金の多い独身の方が返済能力は高いと判断され、評価が高くなります。

自由にできるお金が多いと判断される家族構成は下記のとおりです。

・独身
・共働き夫婦
・子供から手が離れた夫婦
・親と同居している方

居住形態・居住年数

居住形態と居住年数は先ほどの年収や勤務年数ほど重要視されてはいませんが、居住年数が1年未満の場合は審査に通りにくいと言われています。

また住居が家族所有や自己所有の場合には信用度が上がり、返済能力があると判断されるので、居住年数が1年未満だとしても審査に影響を与えることはないでしょう。

居住年数が1年未満だとしても絶対に審査に通らないわけではなく、転職したかどうかが重要な判断基準となります。

信用情報に記載されている過去の勤務先と住所が現在のものと違った場合、転職したと判断され審査に通るにくくなるのが実情です。

よって、転勤や新居で住所が変わっても、転職さえしていなければ審査には影響はないと考えて問題ないでしょう。


銀行カードローンが厳しいのは本当か?

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査が厳しいというのが一般的な説です。

しかし、これは既に一昔前の常識であって、今では消費者金融とさほど遜色ないとさえ言われているのが実情です。

以前に銀行審査が厳しいと言われたのは、銀行は貸し倒れを極端に嫌う傾向があり、本当に返済能力のシッカリした申込者にしか融資しなかったことが理由です。

しっかり回収できるからこその低金利ですから、これは仕方のないことですよね。

ですが今では大分様子が違ってきています。

銀行カードローンの申し込みには保証会社を付けることが条件とされています。

保証会社は利用者が返済不能となった場合の代理弁済を保証しており、実はこの保証会社が銀行カードローンの審査を行うケースが少なくないのです。

各銀行カードローンの保証会社は下記の通りです。

三菱東京UFJ銀行カードローンアコム
みずほ銀行カードローンオリエントコーポレーション
楽天銀行スーパーローン楽天カード・セディナ
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
じぶん銀行アコム
セブン銀行カードローンアコム
北洋銀行スーパーアルカSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
北海道銀行ラピッドアコム
見てもらえばお分かりでしょうが、実に多くの銀行が消費者金融を保証会社として利用しているのです。

ということは保証会社が消費者金融である場合、審査は消費者金融カードローンと同一と考えられます。

もちろん銀行の意向もあるでしょうから、全く同じ審査基準とは言えないかもしれませんが、銀行と言えどカードローンの審査に限っては決して厳しいものではありません。

審査が厳しいからと、敢えて消費者金融カードローンを選択する必要はないでしょう。


審査なしのカードローンは存在しない

カードローンに申込む際に「面倒な審査なんかなければいいのに」、「審査のないカードローンってないのかな?」と思われる方は少なくないでしょう。

しかし、審査なしのカードローンは存在しません。

審査は申込者にお金を貸してもチャンと返済してもらえるかを判断する場です。

返済能力があるかないかを確認せずにお金を貸してくれるところなんてあるはずありませんから、普通に考えれば有り得ないことは理解いただけるでしょう。

しかし、申込で一番気になる他人バレの原因となる在籍確認の電話連絡なしなら存在します。

下記のカードローンなら社員証や給与明細書などの書類提出で在籍確認が可能です。

・モビット
・プロミス
・アコム
・アイフル
・ノーローン

借入限度額設定など必要条件が各社違ってくるので、書類での在籍確認するための条件は必ず確認するようにしてください。

また、モビット以外は申込時にその旨を相談する必要があるので、書類提出での在籍確認を希望する方は必ず忘れないようにしましょう。


「甘い」「緩い」といった言葉には気をつけるべし

最近はパソコンやスマホに「審査甘い」「審査緩い」「98%融資確定」といった魅力的な言葉の勧誘メールが送られてきたという話をよく耳にしますが、こういった勧誘にウッカリ乗ってしまうと大変な目に遭うことになります。

こういった勧誘メールを送ってくるのは大半がヤミ金業者です。

闇金業者は様々な方法で多重債務者のリストを手に入れ、メールやDM、電話で勧誘をかけています。

勧誘された方も通常の消費者金融や銀行から借りれない状況となっているので、簡単に勧誘に乗ってしまうのです。

今回ずっと説明してきましたが、返済能力がない方にお金を貸してくれるまともなところはありません。

闇金業者から借入などすれば、待っているのは返済苦だけです。

そうならに為にも、条件の良すぎる甘い勧誘には絶対に乗らないようにしましょう。


落ちてしまう条件を1つ1つなくして不安を小さくしていこう

今回カードローン審査に落ないためのポイントを解説してきましたが、審査に通るための条件はマイナスポイントとなる要因を1つでも少なくすることです。

マイナスとなる要因がなければ、審査はなんの心配もありません。

今回説明したポイントをよく理解して、気になるところがある方は、まずその要因をなくすことから始めてみましょう。



関連記事

  1. 学生でも利用できるカードローン4選
  2. カードローンとは?仕組みをわかりやすく解説!
  3. おすすめのカードローンを徹底紹介!ポイントを押さえてあなたに最適な1枚を! おすすめのカードローンを徹底紹介!ポイントを押さえてあなたに最適…
  4. 無職でも借りられるカードローンは存在するのか?
  5. デメリットを理解してカードローンを利用する デメリットを理解してカードローンを上手に利用する方法を解説
  6. カードローン返済ガイドブック
  7. カードローンの金利の仕組みと利息の計算方法 カードローンの金利の仕組みと利息の計算方法

最新記事

PAGE TOP