基礎知識

おすすめのカードローンを徹底紹介!ポイントを押さえてあなたに最適な1枚を!

おすすめのカードローンを徹底紹介!ポイントを押さえてあなたに最適な1枚を!
カードローン申込を検討する際に気になるのが、たくさんあるカードローン会社の中でどこの会社を選択すればいいのかということでしょう。

安心できるカードローン会社はどこなのか、おすすめのカードローン会社はどこなのか、金利はどうなのかという点は外せないポイントとなります。

今回は、おすすめの銀行系カードローン会社や消費者金融系カードローン会社に分け、具体的な例を挙げながら

お得に使えるおすすめのカードローンを選択するポイントをご紹介します。

あなたにぴったりのおすすめの1枚を選ぶ参考にしてくださいね。


当サイトのおすすめカードローンランキング

では、当サイトのおすすめカードローンランキング上位3位の特徴とメリット・デメリットについて以下にご紹介しますね。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行が発行する銀行系カードローンです。

銀行系カードローンと言うこともあり、金利が安く、高限度額であることがおすすめポイントです。

具体的にご紹介すると、金利は3.5~14%、限度額は1,000万円超です。

このようにカーロドーンを探している人にはおすすめポイントが多いみずほ銀行カードローンですが

みずほ銀行の普通預金口座を保有する必要があります。

つまり、口座を保有していない場合、まず銀行口座を作成するために、窓口に出向く必要があるため

手間がかかるのとカードローン発行に時間を要してしまうデメリットがあります。


プロミス

キャッシングとカードローンサービスを行っているプロミスは

三井住友フィナンシャルグループの子会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営しています。

銀行系のバックがついているという点もおすすめポイントとなっています。

プロミスのおすすめポイントは、30日間無利息という点です。

Web明細を利用し、カードローン申込時にメールアドレスを登録し30日以内に返済すれば

無利息という非常にうれしいサービスがおすすめです。

またCMなどでも謳われているように、最短1時間融資が基本であることから

急ぎでお金が必要だという際には非常におすすめです。

デメリットは、金利が高めであり4.5~17.8%程度であることです。

もう1点は、総量規制であることから借りられる額が年収に左右されるという点でしょう。


モビット

モビットは三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融会社が運営しているカードローンです。

銀行傘下という点でおすすめ度は高いです。

モビットのおすすめポイントは、WEB完結申込を利用すれば来店する必要もなく、電話や郵送物もないため

家族にバレたくないという方にはうれしいサービスだと言えます。

ただし、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行に普通預金の口座を保有し、社会保険証などを保有している人と言う条件はあります。

また融資可能かどうかを判断するための「10秒で簡易審査結果表示」を利用すれば

申し込んだもののダメだったということがないので、時間の無駄にならないという点でおすすめです。


比較する際のポイント

では、カードローンを選ぶ際にどんな基準を押さえることがおすすめなのかについて事前に確認しておきましょう。


安心できる会社なのか確認する

まずは、カードローンを申し込もうとしている会社が安心して誰にでもおすすめできる会社なのかどうかを確認することです。

審査が甘すぎたり、金利が不明瞭である、やけに高い金利であるといった会社は危険な業者である可能性が高いものです。

対応してくれる人が丁寧であるか、電話と店頭の窓口での会話に相違がないか、日本貸金業協会に登録されているかどうかというのも

安心感を図るのに大事なおすすめポイントとなります。


金利の低さ

金利がどのぐらいかかるのかというのは、お金を借りる上で外せないポイントでしょう。

カードローン会社の金利を見ていると、〇~〇パーセントという記載の方法をとっているため安い金利が適用されると勘違いしがちです。

しかし、金利は審査や条件によって決まるため、そこだけに囚われると後から損をしてしまうこともあります。


限度額はいくらか

次に、カードローンを申し込んだ場合に、いくらまで借りることが出来るのかという点も確認しておきましょう。

申し込んだ後に、必要な額に満たないとなってしまうと、また別のカードローンの申し込みを検討しなくてはいけないことになります。


即日融資は可能か

カードローンの申し込みを行った後、実際に融資を受けられるまでどのぐらいの日数がかかるのかは大事なポイントとなります。

審査にかかる時間、融資されるまでにかかる時間も含め、最近では申し込んだ即日に融資完了という会社も少なくありません。

申込を検討している会社が、即日融資が可能かどうかも忘れずに確認してください。


返済方法はあなたの希望に合っているか

返済方法にもいろいろありますが、希望の返済方法が可能かどうかを確認しておきましょう。

口座引き落とし、口座振込、店舗窓口で返済と言う方法もあれば、便利でおすすめなATM返済(コンビニ・提携金融機関)もあります。

あなたにあった返済しやすい方法があるものを選ぶことが得策でしょう。


主婦や学生はカードの発行ができるのか事前に確認する

あなたがお仕事をしていない学生さんや、主婦をしている場合、カードローンを申し込めない場合もあります。

特にアルバイトパートをしていない場合、安定した収入がないということで審査に通らない可能性が出てきます。

主婦や学生であっても、カード発行かが可能かどうかを事前に確認しておくことをおすすめします。


借り換えの場合には、借り換え時にお得なカードなのかを確認する

通常は金利が高いカードローンであっても借り換えを行う際に、金利が下がるなどお得な措置を受けられるカードローンであるかどうかというのも大きなポイントです。

みずほ銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行など銀行系のカードローンの場合、金利が下がることが多いのでおすすめです。


口コミも参考にしてみる

カードローンの会社名やサービス名をネットなどで調べると、利用者が書き込むおすすめの口コミを見ることが出来ます。

良い口コミもそうですが、悪い口コミも合わせて確認し、参考にすることをおすすめします。


銀行カードローンならこの3枚



みずほ銀行カードローン

金利 3.5~14%
限度額 1,000万円
無利息期間 なし
審査時間 インターネット/最短即日、店頭/翌営業日、郵送/申込着後、翌営業日、電話/申込受付後、翌2~3営業日
専業主婦(主夫) 借入可能
アルバイト・パート 借入可能
無利息期間こそありませんが、低金利・高限度額で利用できるます。また専業主婦やアルバイトの方も申込できる点もおすすめでしょう。


新生銀行カードローン「レイク」

金利 4.5~18%
限度額 500万円
無利息期間 30日間、5万円までの借入なら180日間
審査時間 仮審査/数分~10分、本審査/30分から1時間
専業主婦(主夫) 借入可能
アルバイト・パート 借入可能
審査時間が非常に早いのが新生銀行カードローン「レイク」のおすすめポイントだと言えるでしょう。また無利息期間があることも大きなメリットです。


静岡銀行「セレカ」

金利 4~14.5%
限度額 500万
無利息期間 最大45日間
審査時間 最短30分
専業主婦(主夫) 借入可能
アルバイト・パート 借入可能
審査時間が短いのに加えて、キャッシュバックを利用すれば最大45日間、無利息となるのはおすすめポイントです。


消費者金融系カードならこの3枚



プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
無利息期間 30日間
審査時間 最短30分
専業主婦(主夫) 借入可能
アルバイト・パート 借入可能
無利息期間30日間がついているのと、審査時間が早いのがおすすめポイントです。


アコム

金利 3~18%
限度額 800万円
無利息期間 30日間
審査時間 最短30分
専業主婦(主夫) 借入可能
アルバイト・パート 借入可能
アコムは他の消費者金融系カードローンに比べて、金利が安くかつ限度額も審査こそ必要ですが、高いのがおすすめポイントでしょう。




モビット

金利 3~18%
限度額 800万円
無利息期間 なし
審査時間 仮審査/10秒、本審査/最短30分
専業主婦(主夫) 借入不可
アルバイト・パート 借入可能
仮審査を受けておくことで、本審査最短30分が可能となりますので、是非仮審査を受けておくことをおすすめします。
専業主婦の方は、安定した収入がないことから借り入れができません。




おすすめのカードの中からあなたにぴったりの1枚を!

カードローン申込を検討する際に、確認しておきたいポイントと、おすすめの銀行系金融系カードローン、消費者金融系カードローンの条件などについてご紹介しました。

また当社がおすすめするカードローンのランキングについてもご紹介してきましたが、あなたにあったもの見つかりましたか?

あなたの条件にピッタリのカードローンを選ぶ参考にしてくださいね。



関連記事

  1. デメリットを理解してカードローンを利用する デメリットを理解してカードローンを上手に利用する方法を解説
  2. カードローンの審査に落ちないために知っておきたいポイント カードローンの審査に落ちないために知っておきたいポイント
  3. 学生でも利用できるカードローン4選
  4. カードローンとは?仕組みをわかりやすく解説!
  5. カードローン返済ガイドブック
  6. 無職でも借りられるカードローンは存在するのか?
  7. カードローンの金利の仕組みと利息の計算方法 カードローンの金利の仕組みと利息の計算方法

最新記事

PAGE TOP