基礎知識

カードローン返済ガイドブック

カードローンは、急にお金が必要になったときにとても役立つ存在です。

ただしカードローンは、しっかりと内容を理解した上で利用しなければならないものでもあります。

中でも、カードローンをどのように返済していくかということは最も重要なポイントとなります。ここでは安心してカードローンを利用するために、カードローンの返済方法についてみていきましょう。

まずは確認しよう。カードローンの返済方法

カードローンで借りたお金を返済する方法には、主に以下のような方法があります。

カードローンの返済方法

金融機関・コンビニのATMでの支払

返済用口座への振込
金融機関等の窓口での支払
口座引落
これらの返済方法を自由に選択できるカードローンも多くあり、一定額を口座引落しで毎月返済しながら、余裕がある月にはその都度振込で返済するということも可能となります。

また、カードローンの返済方法には、どのような方法で返済額が計算されているかによっても違いがあり、同じ金額をカードローンで借りた場合でも毎月の返済額やその総額が変わってきます。なお、カードローンではほとんどがリボルビング払いとなっています。

返済額の計算方法の違い
返済方法方法メリットデメリット
元利均等返済元金の返済と支払利息の合計額が毎月一定となるように返済。毎月の支払額が一定で返済計画が立てやすい。当初は返済額に占める金利の割合が多く、元金が減りにくい。
元金均等返済毎月一定額の元金と元金残高に応じた利息の合計を返済。支払金利の総額は元利均等返済よりも少なくて済む。当社は支払利息が多く、毎月の返済額が多くなる。
分割払い借り入れ元金にあらかじめ支払利息を合計し、それを分割回数で割った金額を毎月返済。毎月の支払が一定。金利が高め。
リボルビング払い一定期間の借入残高に応じて支払利息を計算。毎月一定額を返済していくのが一般的で、返済計画を立てやすい。
返済期間が長くなりやすい

元利均等返済、元金均等返済は住宅ローンなどでは一般的ですが、カードローンではあまり用いられません。また分割払いはクレジットカードのショッピング枠での利用が主です。

カードローンの返済期間はいつまでなのか?

カードローンでお金を借りたら、いつまでに返さなければいけないのか。その「返済期間」も気になるポイントです。

カードローンでは、借り入れの際に「契約期間」が定められますが、この契約期間自体が「返済期間」というわけではありません。そのため契約期間を過ぎてカードローンの返済が終わっていなかったとしても、通常「契約期間」がそのまま更新されるため、借入残高全額の一括返済を求められることは基本的にはありません。

ただし期限がないと言っても、カードローンの一般的な返済方法であるリボルビング払いでは、毎月の返済額が決まっているため、その分は毎月返済日に遅れずに返済をしていくことになります。この毎月の返済額には、カードローン会社や借入額に応じて最低返済額が設定されているため、返済回数はある程度決まっており、これが事実上の「返済期限」となります。

例えば、10万円を借り入れて、最低返済額が月2,000円であった場合、

10万円÷0.2万円/月=50月(=4年2ヶ月)

となり、事実上の「返済期間」は4年2ヶ月となります。実際には金利分だけ返済額が多くなるので、返済期間はもう少し長くなります。

この最低返済額は、消費者金融系カードローンでは2,000〜3,000円程度、銀行系カードローンでは1,000〜10,000円程度に設定されています。

借入れを返すのが遅れた場合どうなる?

カードローンを利用していると、つい返済の振込を忘れてしまったり、口座の残高不足で引き落としがされなかったということもあり得ます。

その場合には通常、カードローン会社(銀行の場合は保証会社)から、支払いが確認できなかったことと、いつまでにいくら入金してくださいという旨の通知ハガキが届きます。保険料やクレジットカード利用料の支払いが遅れてしまった経験のある方であれば、基本的にはそれと同じような感じです。
また、ハガキだけでなく、カードローン会社(または保証会社)から確認のための電話がある場合もあります。

大手のカードローン会社であれば、家まで押しかけてきたり、何度も電話をかけて催促するなど、取り立てのようなことはありませんので心配はいりません。

ただ返済が遅れていることには変わりなく、遅れた日数分だけ「遅延損害金」も発生してしまうため、通知書に指定された期日までに、指定された金額を支払う必要があります。

ま期日までに返済できないが前もってわかっているような場合には、事前にカードローン会社に連絡することも大切です。それによってカードローン会社からの督促はなくなりますし、消費者金融系のカードローン会社では支払日を変更してもらえる場合もあります。

返済が遅れてしまうと、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまうのではないかと心配される方もいるかもしれませんが、基本的にはたまたま1回支払いが遅れたぐらいでは「ブラックリスト」に載ることはありません。ただし返済を3ヶ月以上に渡って滞納してしまうと、さすがにまずいことになりますので気を付けましょう。

うっかり返済を忘れてしまった、あるいは間に合わない、どちらにせよ、なるべく早く連絡・返済するということが大切です。くれぐれも何もせず放置するようなことは絶対にやめましょう。

借入れの返済額を計算したい時は?

カードローンで借入をすると、いくら返済しなければならないのかということも知っておきたいポイントです。

カードローンで借入を行なった場合に発生する支払利息額は以下のような計算式で求めることができます。

支払利息額=借入金額×借入金利(実質年率)÷365日×借入日数

例として、年率14.5%で50万円を3ヶ月(90日)間借りた場合の支払利息額を計算すると、500,000円×14.5%÷365×90=17,877円となり、返済総額はこれに元金をあわせた517,877円となります。

ただしこの計算は3ヶ月後に一括返済した場合のものです。実際のカードローンでは毎月返済を行なうリボルビング払いが一般的であり、返済によって借入額が毎月減少するため、通常はこの計算よりも返済総額が少なくなります。この金額は1ヶ月ごとに借入金残高を使って利息を計算していくことで求められますが、やや複雑になります。

そこで借入額や金利などを入力すれば、すぐに返済額などを計算してくれるシミュレータも用意されています。これを使えば、毎月の返済額や返済期間、毎月の返済額からの借入可能額などを簡単に計算することができます。

各会社に計算シミュレーターが設置されているので、返済の際は参考にしてみて下さい!

借入れの返済が不可能になった場合は?

事前に返済計画を立てていても、カードローンの返済ができなくなってしまうリスクはゼロではありません。

返済がない場合には、カードローン会社は督促などを行ない、最終的には調停や訴訟となることもあります。ただし、まともなカードローン会社であれば、貸金業法の制限によって、執拗に催促したり、家に怒鳴り込んでくるような暴力的・脅迫的な取り立てが行われることはなく、あくまで話し合いによる交渉を行なっていくこととなります。

その上でも返済のめどが立たず、調停や訴訟など法的な手続きに移らざるを得ないような場合には、その前に自ら弁護士等に相談し、債務整理を行うことを検討します。

債務整理には借入額や内容などによって任意整理、民事再生、自己破産などの方法があります。債務整理を開始することで、その後はカードローン会社からの督促はなくなり、状況に応じた方法によって問題解決に向け進んでいくことになります。



関連記事

  1. 学生でも利用できるカードローン4選
  2. 無職でも借りられるカードローンは存在するのか?
  3. カードローンの金利の仕組みと利息の計算方法 カードローンの金利の仕組みと利息の計算方法
  4. デメリットを理解してカードローンを利用する デメリットを理解してカードローンを上手に利用する方法を解説
  5. カードローンの審査に落ちないために知っておきたいポイント カードローンの審査に落ちないために知っておきたいポイント
  6. カードローンとは?仕組みをわかりやすく解説!
  7. おすすめのカードローンを徹底紹介!ポイントを押さえてあなたに最適な1枚を! おすすめのカードローンを徹底紹介!ポイントを押さえてあなたに最適…